佐伯グループ沿革

昭和28年 4月 佐伯鉄工所として開業
昭和36年 4月 萱場工業(株)指定業者となる
昭和40年 4月 八幡製鉄(株)指定工場となる
昭和44年 4月 法人改組佐伯鉄工㈱設立 資本金500万円
昭和47年   日本鋼管(株)指定工場となる
昭和49年   鉄鋼製品専門加工工場として佐伯綜合鉄骨設立
昭和50年   日本鋼管(株)一次加工指定工場となる
昭和51年 10月 岐阜県知事許可(特定)第2944号にて特定建設業 建築工事業、鋼構造物工事業の許可を受ける
昭和52年 4月 佐伯綜合建設(株)に社名変更
昭和55年 3月 岐阜県知事許可(一般)第2944号にて一般建設業 土木工事業の許可を受ける
昭和55年 12月 資本金1,000万円に増資
昭和56年 12月 尾張支店開設
昭和56年 12月 全国鋼構造物製作工場認定委員会よりMグレートの製作工場として認定を受ける
昭和57年 3月 建設大臣許可(特定)第9853号にて特定建設業 建築工事業、鋼構造物工事業の許可を受ける
昭和57年 5月 建設大臣許可(一般)第9853号にて一般建設業 土木工事業の許可を受ける
昭和58年 2月 可児支店開設
昭和58年 2月 美濃加茂営業所開設
昭和59年 3月 建設省東住指発第118号-368号にて
鋼構造物製作工場(第24.M.2002号)として建設大臣の認定を受ける
昭和63年 3月 資本金1,800万円に増資
平成元年 1月 岐阜県美濃加茂市古井町下古井字大脇2643-1へ美濃加茂営業所を移転
平成 2年 11月 資本金2,880万円に増資
平成 3年 9月 資本金4.608万円に増資
平成 4年 8月 資本金5,000万円に増資
平成 4年 8月 岐阜県可児市川合70-1へ可児支店を移転
平成 6年 2月 建設大臣許可(特定)第9853号にて特定建設業 とび・土工、屋根、内装仕上工事業の許可を受ける
平成 8年 3月 建設大臣許可(特定)第9853号にて特定建設業 ほ装工事業の許可を受ける
平成13年 2月 ISO9001認証取得( ISAQ033 )
平成14年 12月 国土交通大臣許可(特定)第9853号にて特定建設業 水道施設工事業の許可を受ける
平成17年 4月 ISO14001認証取得( ISAE056 )
平成22年 12月 労働安全衛生マネジメントシステム COHSMS(JC071-1)認証取得
平成23年 5月 グループ会社(佐伯鐵巧)が自社鉄骨製作工場の「 Hグレード 」大臣認定を受ける
平成26年 12月 国土交通大臣許可(特定)第9853号にて
大工、左官、石、タイル、板金、ガラス、塗装、防水、建具工事業の認可を取得
国土交通大臣許可(一般)第9853号にて電気工事業の認可を取得
平成28年 7月 三河営業所を開設
昭和28年 4月 佐伯鉄工所として開業
昭和36年 4月 萱場工業㈱の指定業者となる。
昭和40年 4月 八幡製鉄㈱の指定業者となる。
昭和44年 4月 法人改組佐伯鉄工㈱設立 資本金500万円
昭和50年 11月 岐阜県鐵構工業協同組合に加入
昭和51年 10月 岐阜県知事許可 ( 特-51 ) 第2944号にて特定建設業(建築工事業・鋼構造物工事業)の許可を受ける。
昭和52年 4月 佐伯綜合建設㈱に社名変更
昭和56年 12月 全国鐵構造物製作認定委員会よりMグレード製作工場の指定を受ける。(指定24.第M.002号)
昭和61年 2月 伯綜合建設㈱より分離独立し、佐伯鐵巧㈱設立。
平成元年 4月 岐阜県知事許可 (般-1) 第13272号にて一般建設業(鋼構造物工事業)の許可を受ける。
平成3年 1月 資本金を、1,500万円に増資
平成11年 12月 資本金を、2,000万円に増資
平成22年 1月 資本金を、2,500万円に増資
平成23年 5月 国土交通大臣許可より、Hグレード製作工場の認定を受ける(指定第168.H.110218)

page top