ページスタート 佐伯綜合建設株式会社 ホーム 佐伯鐡巧株式会社 ホーム アクセシビリティ 本文へジャンプジャンプ
ここから本文
Home(TOP) > 建築 > 耐震診断・補強 > フローチャート

耐震診断・補強・改修設計・改修工事のフロー

フローチャート図

耐震診断・改修設計・改修工事のフローチャート画像
( クリックで図説明PDF 開く )

 

耐震診断の1,2,3 次診断とは

耐震診断には、1次、2次、3次の3つの診断方法がありますが、一般の方でその違いを、ご存じの方は少ないようです。

1次診断 (主にRC壁構造)

各階の柱と壁の断面積とその階が支えている建物重量から計算するもっとも簡便な方法です。
比較的壁の多い建物には適していますが、壁の少ない建物では耐力が過小評価されます。
設計図面が残っていれば建物の詳細な調査を行わなくても短時間で計算できる方法です。

2次診断 (主にRCラーメン構造)

設計図面が残っていることが前提の診断方法です。
各階の柱と壁のコンクリートと鉄筋の寸法から終局耐力を計算して、その階が支えている建物重量と比較する計算方法です。
コンクリートの圧縮強度・中性化等の試験、建物の劣化状態(ひび割れ・漏水・鉄筋錆・ コンクリート爆裂)などの調査が必要です。
1次診断より結果の信頼性が高く、公共建築物(学校・庁舎等)で最も多用されている方法です。
この方法で補強を行った建物は、近年の新潟県中越地震などでも被害がほとんどありません。

3次診断 (主にS造・SRC造)

設計図面が残っていることが前提の診断方法です。
2次診断の柱と壁に加えて梁も考慮して計算する、現行建築基準法の保有水平耐力計算と ほぼ同程度レベルで建物の終局耐力を計算する方法ですが、保有水平耐力計算という計算方法の、計算上の仮定に最も左右されやすい方法です。
計算結果通りに建物が終局耐力に達するか否かについて、十分注意して判断する必要があります。

【参考文書】

既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断基準・同解説(2001年改訂版)
発行:日本建築防災協会 平成13年注、上記はRC造等の場合です。
鉄骨造の場合は基本的な診断は3次診断となります。

 

鉄骨造の耐震診断内容の概要

1.耐震診断内容の概要

対象建物の履歴、外観調査、部材配置・断面寸法の確認、仕口・継ぎ手の状況調査。
鉄骨部分の発錆状態調査。基礎の不同沈下等 状況調査。非構造部材の調査。
現地調査結果に基づく耐震性評価計算。強度が不足していた場合の補強設計。

2.現地調査事項

対象建物の履歴

増築履歴、用途変更履歴、地震水害等 災害による建物の損傷履歴、それによる修復履歴。積載荷重の変更等。

外観調査

1. 設計図書との照合調査

柱位置 等・・・(x方向、y方向 柱位置のチェック等)
階高・・・(外側、内側で 階高が確認できる所 各階1ヶ所)
床レベル上下・・・(レベル・水準器等による計測結果をデータ化する。)

部材配置および断面の確認

2. 柱配置および断面寸法 確認
3. 梁配置および断面寸法 確認
4. 水平ブレース・垂直ブレースの配置および断面寸法 確認

仕口・継手・接合部の状況調査

5. 梁継手の状態(添付プレート・ボルトの錆の進行具合・ボルトの締まり具合)
6. ブレース・梁等の接合部の状態
 (ガセットプレート・ボルトの錆の進行具合、ボルトの締まり具合)
7. 柱・梁仕口部の溶接状況(脚長、実長、錆の状況 等)

柱脚部の状況調査

8. 柱脚ベースプレートおよびアンカーボルトの状況

非構造部材の状況調査

9.  1階床(土間コンクリート等)の状況
10. 屋根の防水層の劣化状況(雨漏り等はないか?)

耐震診断概算費用一覧表

耐震診断および耐震改修設計にかかる概算費用PDF 開く Date:2011.12

初期の文字サイズ。拡大文字。特大文字。
 
マイナビ 佐伯綜合建設株式会社ページ